読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活終わったのでブログはじめてみた

主に17卒が就活について語るだけのブログ。他に懸賞当選報告など書きたいことを書きたいだけ。

私の自己分析のやり方を紹介します

就活

 

こんにちは、田中です。

 

まず就活の門をたたくと、インターンに行けか自己分析をしろと指示があります。インターンはなんとなく想像がつくかもしれませんが、自己分析は未知の領域です。
私は全く何をしたらいいかわからずネットの海を彷徨いながら、1つ1つ試していきました。何が正解だったかなんて今でも分からないので、経験談を書いておきます。

実際に私がやってみた自己分析方法をご紹介します。

就職情報サイトの性格診断

マイナビでもリクナビでもキャリタスでも、どこにでもあります。
適職診断の方は目安というか、「へ~!私ってこういう職業向いてるんだ~~」と思うしか使い道がないので、性格診断の結果を印刷して類似した言葉にマーカーを引いてみると強みや弱みが見えてきます。

全てを他人任せにして自己分析をするなら楽ちんな方法です。

 

エコグラムによる性格診断

就職情報サイト以外でネットの海に潜ればいくらでもあります。
ほぼ就職情報サイトと同じような性格診断ですが、いくつもやってみると自分が見えてくると思います。

他己分析

マイナビでアンケート形式でお願いできるツールが作成できます。
友達(と呼べるギリギリの交友関係)にLINEでばらまいてみてください。意外とやってくれる人が多いです。

ここでポイントなのがグループLINEよりも個人LINEで送った方が、「やらなきゃいけない…」と心理的にプレッシャーをかけられるので回答回収率が上げられます。

就活解禁されると迷惑がられることもあるので、18卒の方は今の時期にばらまいておくと良いかと思います。

 

自分史(年表)を作ってみる

友人が作っていたのでざっと作ってみました。

下記の5つの時代に分けて、覚えている限りの事柄を書き出しました。

  • 幼稚園/保育園時代
  • 小学校時代
  • 中学校時代
  • 高校時代
  • 大学時代

このあたりでもう薄っぺらすぎる人生に絶望しています。

 

過去の経験を掘り下げる

自分史(年表)で挙げた経験を掘り下げていきます。

  • その経験を始めたきっかけ(動機)
  • その経験を続けられた理由(モチベーション)
  • その経験の中で、何を目標にし、どのように取り組んだのか?(目標・方法)
  • その経験で得られた成果(結果)
  • その経験の中で、ぶつかった壁と乗り越える方法(困難)
  • その経験から、何を学んだのか?(学び)

分かりづらいかもしれませんがこんな感じで書いていきました。

平凡な人生を送っていると、結果の部分が平凡になります。
非凡な人生だと、都大会1位だとか日本1位だとか全国1位だとか書けちゃうと思うんですがそんなの一握りの人間です。

実際私はなんの成果も挙げてこなかった人間です。
大会なんて出たことないし、特筆すべき活動は皆無でした。

就活中は結果よりも困難と学びの部分をきちんと掘り下げておけば大丈夫だと思いました。

 

まとめ

自己分析は面接やESで困らない程度にエピソードの掘り下げをしておけば楽になれます。

よく企業とのミスマッチは自己分析の不足だと言われますが、就活中の自己分析はどうしても希望業界・業種に偏った分析をしがちです。何も考えずにやろうとしても寄っていきますからね。

 

なので、明らかに自分の性格に合わなそうだと思った業界・業種や企業を選ばなければいいんじゃないかと個人的に思ってます。定期的に自己分析をすべきですが、過度の自己分析のしすぎは迷宮入りして混乱します。


でも自分を見つめなおす良い機会でもあるので、ぜひ自己分析はやってみてください。頑張ってください。